« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

端切れでぼちぼち

先日のかぼちゃのカービング後、ちょっと2日間ばかり
なんだか腕が痛くて(^^ゞ
きっと、かぼちゃの皮が硬くて、手に力が
入っていたのだろうなぁ。

外出も多かったので、このところ針仕事もちょっと
お休みしてました。

やっと時間が取れて、少し何か作りたい気分にも
なってきました。

この時期なので、そろそろクリスマスのものでも・・・


とりあえず、小さな端切れでミニキルトでも作ろうかなと
 ↓

93


ぼちぼち、ゆっくりと♪

| | コメント (8)

かぼちゃを

昨日はカービングのレッスンでした。
10月は、ハロウィーンのある月だし、
やっぱり、かぼちゃshine

カービングしたのは、直径10㎝ほどの
観賞用の小さなかぼちゃ。

中央をくり抜き、まわりに小さなバラを10個。
(バラの大きさは、1.8㎝くらい)

92


いやー、中央をくり抜く作業が、なんともやっかいでした。
が、バラの小さな花が出来上がると、ちょっと
うれしくなったりnotes

中央部分に、ニンジンのバラの花を挿して、
パセリをぐるりとしてみると、こんな感じ
 ↓
92b


サイドは
 ↓
92c

 ↑
このギザギザがなんともうまく出来ず、相変わらずの
四苦八苦作業。

練習せねばぁ・・・(^^ゞ

| | コメント (10)

次の作業は

ちくちくと縫っていたキルトの次は、
こんどは、こちらの和服たちをほどく作業に。
 ↓
91


近所の骨董市でこの春から少しづつ買っていた
これらの着物たち、ほどいて布の状態にする作業が
あるのです。

ほどいて洗って、丁寧にアイロンをかけたり、
接着芯をつけたりの手間があるのですが
意外にその作業が好きです♪

| | コメント (8)

完成

一週間ほど前に完成したこのキルト。

和の絹を使ったキルト、作り始めてずいぶんと時間が
かかっちゃいました。
真夏はほとんど手をつけなかったし(^^ゞ


和のキルト…と言っても他のものもあるので、
今回のこのキルトは、『藤』という名にしようかなぁ。
こんな感じで。
       (158㎝×170㎝)

 ↓

90a


90b

90c


90f_2


90e

絹の光沢がきれいなキルトになりました。
骨董市で買い求めた空色の着物1枚をほぼ使い切り。
メインはこの空色の着物のはずなのですが、
ところどころの藤色のほうが印象が強めになっています。


さて、このキルトは、来年の藤の花の季節まで、
壁に掛けるのはお預け。
ちょっと冬眠・・・・confident

(小さな画像はクリックすると少し大きく見れます)

| | コメント (18)

昨日のレッスンは

昨日は、カービングのレッスンでした。
今回は、白色と紫色のソープを使って、アレンジを。
 ↓
89


今回の作り方は、ソープをゆーっくりと、きれいに
形作り、そしてタイ製の彫刻刀で花びらを作っていきます。

89b


う~ん・・・ほんとはもっと優雅な花びらのはずが
なんだか、またもや優雅とは程遠い雰囲気(^^ゞ
もっと練習が必要のよう。

そして、こちらは、つぼみ。
 ↓
89c

何度か彫っていくうちにコツをつかめるのですが、
その時はすでに終わりの頃だったりして。
こういうタイの彫刻刀を使ったカービングは初めてだったけど
とても楽しい作業でした。


忘れないうちに、今日は復習せねば・・・

こちらはタイの彫刻刀、これがあるとなみなみの
花びらがきれいにできます
 ↓
89d


ちなみに・・・レッスン後、このアレンジを自転車のかごに入れて
帰宅したのですが、すこしぼこぼこな道があり、
気にしていたのですが・・・

やっぱりレッスン時にアレンジしたものが、
ヒドイ状態にはずれてしまい・・・crying

アレンジし直しましたが、なんだか最初と違う感じ・・・
ああ・・・・bearing

 

| | コメント (6)

茶系のクレイジーで 2

制作していたクレイジー、小物完成。

パターンをつないで、形作っておしまい。
ティッシュカバーに。

88

 ↓

88b

 ↓

88c

(画像をクリックすると少し大きく見れます)

| | コメント (8)

茶系のクレイジーで


ただいま制作中の小物。
茶系でクレイジー・キルトで、少々。

87


| | コメント (2)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »