« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

キルティング&


ヘクサゴンのミニ・キルト、せっせとキルティング・・・

16


刺繍をプラスして・・・なんて思っていたのですが
計画変更して、キルティングをもう少しプラスしてから
トラプントにしようかなと。


そして、こちらは、少し前にピースカットしてあった、
あの和のキルトのもの。
ピーシングを開始しました。
・・・・例によって、あちこちに手を出していますcoldsweats01
 ↓
16b

だいぶ日中も暖かくなってきて、指先が冷えてくるのも
少なくなったような感じがしますpaper

| | コメント (6)

フルーツのカービング


昨日は、カービングのレッスンでした。
今回は、フルーツのカービング。

彫ったのは、こちら
 ↓
15

使ったこのフルーツは、『サワーポメロ』。
レッスンのために、先生が取り寄せて準備して
下さったものですが、食べても美味しかったです。
皮が少し厚く、細工するのに向いているようです。

彫る前に、黄色と内側の白い部分が二重になるように
カービングナイフでカットしていきました。

サワーポメロを調べてみると・・・
  ↓
鹿児島に古くからある文旦の仲間。
昔は「大橘(おおたちばな)」と呼ばれていた。

普通の文旦に比べ、香りも味も良いことから、
一般の公募より「サワーポメロ」という名前に命名。


爽やかな甘さと程よい酸味がとても合って。
お口の中へ入れると「プチッ!」と弾けて
「ジュワー!」と広がります。
まるで真珠のような果肉で、
一度召し上がると忘れられない逸品になります・・・

ということだそうです、ほんとに
実は爽やかで真珠のような輝きの果実ですねshine

作業は、以前彫った、かぼちゃのカービングに比べると
ずいぶんと彫りやすく、そして彫り進むたびに良い香りがconfident

桜の花の感じで彫ったのですが・・・
ちょっと大ぶりな桜の花になってしまいました。
(表の黄色の部分を6枚にカットして彫ってあります)

15b


15c

| | コメント (4)

キルティング中


この写真、ヘクサゴンの部分は見えないけど、
あのへクサゴンのミニ・キルトをやっとキルティングを開始。

14


ミニ・キルトといえども、ちゃんとキルティングをしないと
やっぱり気になるもの。
このところ、外出が多いのでなかなかゆっくりの
時間は取れないものの、マイペースでちくちくと。

こちらは、現在、ダイニングにかかっている、
ホワイトキルトの一部。
 (右サイドバー、マイフォトの2006’作品にも出ていますが)

14b

これは綿サテンで作ったものですが、
また機会があったら作りたいもの。
(デザインは、鷲沢令子さんのものを。
 ボーダーなどを変えてあります)
今、手がけているものが一段落したら、
また作ろうかなconfident

| | コメント (10)

ヘクサゴン、ゆっくりと

このところ落ち着いて手仕事が出来ず、
このヘクサゴンも停滞していましたが、やっと再開。

13


とは言っても、なんだかまだペースに乗りきれず、
タラタラと作業してます。
和のキルトもピースワークしなくちゃと思いつつ・・・coldsweats01

| | コメント (8)

ハートの形を

昨日は、毎回楽しみにしている、カービングのレッスンでした。
今回のレッスンは、可愛らしいハートのもの。
もうすぐバレンタイン、それを控えてと、先生の気配りですねぇ(^.^)

12

私が彫ると、どうも歪なハートですが、う~ん・・・
でも、ま、いいっか(^^ゞ

それにしても、このハートのまわりの丸い花びら状のが
私は尖ってしまい、なんともみっともない。

これから、きれいな丸い花びらになるように、
ひたすら練習をと♪

| | コメント (4)

2月のキルト

毎年、2月になると、このキルトを。

11

11b

11c


サイドバー、マイフォトのQuilt2にも出ていますが、
5歳で亡くなった、姉の形見の着物で作ったものです。

姉が亡くなった時、私は3歳くらいだったので
記憶はほとんど無いのです。

父が撮った8ミリの中で、楽しそうに遊ぶ姉と私。
または、喧嘩をして人形などを取り合う姉と私。
(喧嘩に勝つのはいつも私、でも姉がわざとそうして
 くれたように見えるのです)
そんな映像を何度も見ていたので、姉のことは身近なのです。
命はないのに、どこかに居てくれるような感じが(^.^)

| | コメント (6)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »