« 見るだけに | トップページ | 6月のキルトを »

『うちのも、同じなんですよ~』

クレイジーのほうも、今はボーダーをキルティングしているところ。

80_2


・・・と言っても、う~ん・・・毎度同じような写真なんです。

キルティングはもうすぐ終わり、これからはレース追加、刺繍、リボン刺繍をして、
そして、ビーズなどを飾ってと。


紫のキルトもそうなのですが、大きめのキルトを手がけている最中のほうが
なんだか気持ちが安定・・・いや、楽というか、楽しい。


先日、いつも行くキルトショップのご主人も、
『うちのもね(奥様のこと)、同じこと言うんですよ~、
 大きめの作りかけのキルトがいつも傍に無いと、落ち着かないって(笑)』と。
『店をやっているのに、小物は苦手なんて言うし、売る気があるのかな?』
なんて話をしたり。

ああ、やっぱり同じような方はいらっしゃるんですね(^-^)
なんだか今年は小物は、あまりやる気にならず。
昨年はけっこう作る気になったのになぁ。
う~ん・・・・隔年周期かな?

 * * * * * * * * * * * * * * * 

ところで、こうやって大きめキルトばかりやっているので
進行具合があまり代りばえせず、ブログ更新甲斐が無いというか。
(進行はしているのですが、写真が代りばえせず!)

自分としては、自分のペースであれこれと日替わりで
気楽に進めているけど、すごく頑張っているように見えるのかな・・・

マイペースでやっているもので、頑張るという言葉とは
無縁なような・・・
頑張ってと言われると
あらま、なんだか居心地が悪いような感じが。
ごめんなさい~m(_ _)m

気まぐれパッチワークなので、どうもなんていうのか、
この頑張るというのが、なかなかなプレッシャーですねぇ。
頑張ってない・・・・頑張って作るというよりも、
頑張らずでいいのではと。と。

なんというのか、楽しんでキルトと向かい合うのが
心地よいというか。
生意気なんですが・・・


そもそも、この私、天邪鬼で気まぐれ&超マイペースなのでこうやって
出来たものをブログに出すことさえなんだかね・・・と思いながら
やってきたのですが、2周年も過ぎたことだし、少し考えた方が
良いのかなぁなんて。

今までの2年間は、偶数日に記事更新という感じで
やってきたのですが、さすがに最近は小物作りをしていないので
ネタ切れ(?)なんて感じも。


進行中のキルトについても、ブログで出している以上、
完成を楽しみにしてくださる方々が多くてそのコメントも
戴くのですが、なにぶん、大きいキルトはすぐには完成しません。
地道な作業の方が多いし、
小物のように、数日で出来るというものでなし。

いや~、そんなにぽんぽんとは出来ないのです~~(^_^;
私の気分次第なのです、完成は。
(これはどんな方でも同じですよね)

  * * * * * * * * * * * * * * * *

母が亡くなる、約半年前のこと・・・

ひょんなことから、娘時代の母の夢を知ることに。

『宝塚に入りたかったの♪』
それを聞いた私や弟達は、どっ!!!!と大笑いでして。
(本人もかなり照れくさそうでしたが)
母は、背も低くて、ええええっ?と言う感じでしたし。
歌や踊りはたしかに好きでしたが。


その話が出たのは、これまた大腸がんで逝った叔父の
葬儀に向かう時。
なぜそんな時に・・・と、少しドキッとしましたが。


私や母と同居している弟達は、母の余命を知っていましたが、
母本人には告げていませんでした。
その時も、母以外は、『近いうちに同じ場面が・・・』と
思っていたことだと思います。

母は自分の余命も知らずに、せっせと叔父の病院に励ましに
通っていました。
ほんとは自分の残された時間を大事にして欲しかった。
(もう時間が無いんだよ・・・と、何度も出かかったけど)

叔父の葬儀が終って、半月後に母は再入院。
今度入院したら、生きては帰れないのを知っていたのは、
私たちだけ。
母には最後まで内緒。

母が亡くなって、このレースを見つけたとき、懐かしいレースだなぁと
思うと同時に、思ったこと。

そっか、宝塚に行って、キラキラの服を着てダンスをしたかったのね?(^-^)
・・・ではでは!

ドレスは作れないけど、レースたっぷり、キラキラたっぷりの、
ひらひらのキルトでガマンしてもらお!

それだけが、余命を内緒にしていた罪悪感の、
ほんの小さな罪ほろぼしのかわり、そんな感じかも。

母が亡くなって、すでに2年以上経っているので、
私自身はもう、うるうる・・・なんて状態ではなく、よぉし!キルトを
作ってあげるから、楽しみにしてよと、そんな感じで。
作ることは楽しい。

どこかで見てくれればちょっとは幸せかも、このキルト。


このキルトと向き合うことは楽しい。
キルティングが終ったら、刺繍、リボン刺繍、パールもつけましょ、
スパンコールもと、
けっこう楽しい時間になりそうなんですよね。


こういうキルトは、たぶん二度とは作れない。
母の遺したレースも、私への最後のプレゼントであるように、
キルトを仕上げていくのも、私から母への、最後のプレゼントだと。


うれしいことがあると踊りだす、童女のような母だったので、
『ここにも、キラキラつけてよ~♪』と、傍にいたら
きっと言うことでしょうね~(^-^)


キルトのあちこちを、全体を見ながら刺繍をしたり、
飾りをしたりと・・・
ということなので、なにぶん、キルトは早くには完成しません。
(なんというか、完成させたいような、させたくないような、
 そんな気持ちも多少ありますが)

ダラダラと書いてしまいましたが、かなりご批判のあるような
内容にも・・・・m(_ _)m


励ましや期待のコメントなど、いろいろいただいて、
見てくださる方々には申し訳ないのですが、
今後は、少し間をおいての記事更新としようかなと。


針仕事、やっていることは今までと同じなのですが、
ブログのテンポは少しスローに・・・

|

« 見るだけに | トップページ | 6月のキルトを »

「パッチワーク」カテゴリの記事

コメント

ぴよさん…
なにか、ありました!?
心境の変化とか…
いつもと切り口が違ってるように思えたので、どうしたのかなぁ~って…
後半の文面に関しては…そういう私も、何かにつけて亡くなった父に『胃癌』であることを母や弟と隠し続けていたときの事を思い出し、こんな道もあったんじゃないか…なんて思うことも多々あり…
何十年も人間をやってると、いろんなことに疑問を持っちゃったりしますよね~
思うように生きてるつもりでいるけど、過ぎた日のことを思うと、結構不満だらけだったり…
時々は、吐き出すのもいいかも知れませんねぇ~
私に似合わず、重いコメントになってしまいました…スミマセン

投稿: さいちゃん | 2007年5月22日 (火) 08時59分

こんにちは。

白いクレージーキルトには、お母様のいろんな想い出をつづられて~私も思わず~ぴよちゃん、頑張って~なんて~そうですよ、あまり頑張らないでいいですよね~頑張らずとも、流れに逆らわないで、毎日を過ごしていきましょう~私~自分にも言い聞かせているのです。♪

これからもゆっくりと、キルト作りを楽しんで~更新も~のんびりと~お母様も叔父様も、ごいっしょに、ぴよちゃんのこと、見守って下さっていますよ~レースをステキに活用されていることも~何もかも、暖かく包み込んで~幸せにって~ぴよちゃんもそう思うでしょう。もう、涙じゃなくって、笑顔で白いクレージーキルトと向かい合う事が出来るのですから。(^^♪

投稿: s-mako | 2007年5月22日 (火) 12時51分

さいちゃんさん、こんにちは。
いえ~、特に何かあったわけではないですが。
他の2つのブログもごく普通にやってます。
なんですが、なんだかどうも最近、こちらの
ブログに関しては、なんだか急かされているような
気がしないでも・・・ないかな。

さいちゃんさんには、ご自身のつらい記憶を
思い出させてしまったかも・・・ごめんなさいね。
いや~、このキルトを作るのにという説明っぽいものから、
なんだかワケのわからない文面になってしまって・・・(^_^;

投稿: ぴよ | 2007年5月22日 (火) 12時53分

こんにちは。次から次へとすてきな作品が登場するぴよさんのこの「ちくちく パッチワーク」,みんな楽しみに訪れていると思いますが,時として,みんなの期待がプレッシャーになるということもあるんだとしたら,謝らなきゃ!楽しんでこそすてきな作品も生み出されると私は思うので。ぴよさんのいろんな思いも今回の文面でわかり,このホワイトキルトはそういう背景があったのね,とあらためて・・・
楽しいキルト生活をマイペースで♪

投稿: 葦笛 | 2007年5月22日 (火) 16時47分

s-makoさん、こんばんは。
s-makoさんは、素敵なキルトが完成しましたね、
おめでとうございます。
これからの季節、お部屋が気持ちよく過ごせそうですね、
良かったですね~♪
パッチワーク楽しんでいきましょうね。

投稿: ぴよ | 2007年5月22日 (火) 18時50分

葦笛さん、こんばんは。
いえいえ、そんな謝っていただくなんて!
ただ、なんていうのかな、キルト製造機ではないので、
気まぐれだし、はい~(^_^;
キルトを作る背景ということで、だらだらと
お恥ずかしい話をしまして。
いつもマイペースでやっているはずなのに、
今回はなんだか私、変かな~~?

投稿: ぴよ | 2007年5月22日 (火) 18時54分

ぴよさん こんばんは。優しいぴよさんに甘えてしまって知らず知らずのうちにプレッシャーを与えてしまっていたのかもしれませんね。
お母様の思い出のたくさんつまったキルト。どうぞゆっくりのんびり楽しみながら進められますように。

投稿: ぽん | 2007年5月22日 (火) 22時55分

  おはようございます
やさししぴよさんだからこそ色々と考えてつらい想いをされていたのでしょう。
お母様の想いを一枚のキルトにして・・・
どこかで観てくださっていますよね。そう感じて止まない私です。
どうか楽しんで思い出を包んだキルトにしてださい。
お母様のこと今の私と同じなのです。

投稿: シナモン | 2007年5月23日 (水) 06時37分

ぽんさん、おはようございます。
いえいえ、優しいなんて、それは違いますよぉ~。
今回の記事のように、私って、わがままなのが
そのまま出ちゃいました。
作ること自体は、今までもマイーペースで
やっていますが、記事更新があまりマメでなくなるということなので、その点だけよろしくお願いします。

投稿: ぴよ | 2007年5月23日 (水) 08時03分

シナモンさん、おはようございます。
どうも私のキルト作りというのは、思い入れが
入りすぎのような・・・自分でもちょっと
どうかなぁと思うこともあるのですが。
でも、作ることは楽しいですね。
お母様のこと、辛いご様子・・・いろいろ
ご察しします。

投稿: ぴよ | 2007年5月23日 (水) 08時06分

こんにちは。
いろいろ考えさせられました。(笑)
ぴよさんの作られるキルトが、本当に素敵で、大好きなキルトを見るように、
ワクワクしながら通わせていただいたのですが、
そんな私の気持ちでさえも、知らず知らずにぴよさんに、プレッシャーを与えてしまっていたのでしょうね。
考えたら私だって、誰の為に作っているのだろうと、
なぜ、急がなきゃ、急いで仕上げなきゃ、なんて思っているのだろうなんて思う事しばしばです。
見に来て下さる方に申し訳ないなんて思ってしまって。。
ブログのあり方?もちょっと考えなくちゃとぼんやり考えていることもあるんです。
でも出来た作品を素敵!と共感してくださる方がいるから、
ひとりで作っていても、それが元気のもとになっている事も事実だったりするし。
ブログもキルト作りもわがままでいいと思います。
自分の歩幅で、布と会話しながら作るキルトが一番だと思います。
ブログ、ゆっくり、、、こちらも自分の歩幅がいいですよね。

投稿: yuu-min | 2007年5月25日 (金) 11時48分

yuu-minさん、こんにちは。
ダラダラ長文を読んでいただいてありがとうございます、
お笑いですよねぇ。
いや~~、なんというか。

ほんと、yuu-minさんのおっしゃるとおりで(笑)
プレッシャーという言葉はちょっと合わないというか、変なのですが、これもま、その一種?
やっていることは、マイペースなんですが、
なんだか、こう、ね。
なんていうんでしょ、記事更新をマメにすると
そのぶん、コメントくださる方々が真面目な方々が多いせいか、次々にさて次は?と楽しみにしてくださって。
とってもうれしいことなのに、本来はだらだら人間の私としては、
恥ずかしくなっちゃったって感じ?
う~ん、うまく表現できませんが(^_^;
結局、わがまま言ってるわけです、お許しくださいまし~。

今も、ノバンをたらたらと縫っていたところでして、
針仕事は相変わらずのペースです。
また記事もそろそろと思っていますので、今後とも
気楽にお越しくださいね。

投稿: ぴよ | 2007年5月25日 (金) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見るだけに | トップページ | 6月のキルトを »