« ちょっとだけ春っぽく | トップページ | 三月のキルト »

紫のキルト、ここを


紫のキルト、ボーダー部分にちょっと気になる部分。

ここをどうしようかなと思いつつ、
そのままつないだところがあります。

全体を合わせてから、考えようと、そのまま進めていました。
(ボーダー幅は14cm)

着物の襟から左右に分ける、なんというのかな、ここからカットした部分
(ああ、着物の名称がわからない(>_<) )
なのです。
やっぱり気になり、余り布で手直し。

34_1 
 ↓
34b
 ↓
34c
 ↓
34d


なんとかなったかな~(^_^;

|

« ちょっとだけ春っぽく | トップページ | 三月のキルト »

「パッチワーク」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
完成 もうすぐですね(^^♪
あっという間にここまで出来てるのに、スゴイの一言です。
元の柄もとても好い感じなので、出来上がっての全体像が楽しみです(^.^)

カットした部分は衿をつけるために、肩をあらかじめ裁って明けたところでしたら「襟肩あき」というようです。
めったに使わない着物の名称は判りませんよね。
たまたま布のことで置いていた本で、いま確認しました(^^ゞ

投稿: シマのママ | 2007年3月 2日 (金) 09時04分

こんにちは~♪
早いですね~
ついこの間は、ポシャギにハマってらしたのに…
他の事もちゃんと進んでる…
↑シマのママさんの説明でわかりました…
肩の辺りの切れ目ですね~
なんだか、困ったわりには…土台の柄とつながってて…補ったようには見えませんネェ~
さすがです!!

投稿: さいちゃん | 2007年3月 2日 (金) 09時21分

おはようございます。

着物って、本体にはハサミを入れないのですが、唯一、絶対入れるところ~ぴよちゃんが工夫をしたところ~「襟肩開き」ですよね。着物を立体的に肩に添うように、昔の方が工夫したのですね。ホント、そこだけは長く使う時は困りますね。

でも綺麗に補正されたので~これで立派にボーダーに使えます。この方法、他にも使えますね。ヒントをまた、一つ、ぴよちゃんに頂きました。毎度有難うございます。紫のキルト~キルティング楽しみにしています。(*^^)v

投稿: s-mako | 2007年3月 2日 (金) 09時37分

シマのママさん、こちらにもありがとうございます。
和服の部位の名称、『襟肩開き』というのですね!
お手間も取らせたようで、ありがとうございます、勉強になります!
もう・・・ほんとに自分で着付けも縫いもしないのに
こういうキルトに手を出しているので、なんとも
お恥ずかしい~~(^_^;

やっとトップが出来、キルティングラインをうじうじ・・・と考えているところです。
来週あたりにしつけがかけられるかなぁ。
まだまだ完成は先なので、気長にみてやってください。

投稿: ぴよ | 2007年3月 2日 (金) 14時27分

さいちゃんさん、こんにちは。
いえ~、今でも頭のあちらこちらに、
現在進行中のものが混ざっています~~(^_^;
でも、この紫のキルトもあまり長く悩んでいてもね、
なのでなんとかしようと。
たまたま、残った布の梅柄部分があったので
そこを利用してみました~♪

投稿: ぴよ | 2007年3月 2日 (金) 14時30分

s-makoさん、こんにちは。
そうそう、s-makoさんはお着物得意でしたよね!
着物はほどくと大きな布になり、また仕立て直すことも
出来るすぐれもの。
昔の人はスゴイなぁと、つくづく思います。
直したところは、要するにアップリケなので
いえいえ、特別なことではなく・・・(^-^)

投稿: ぴよ | 2007年3月 2日 (金) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっとだけ春っぽく | トップページ | 三月のキルト »