« 少し早めに | トップページ | 次のポジャギもノバンで »

キルティング中

緑のキルト、相変わらずまだキルティング中です。
急ぐものでなし、ゆっくりと・・・と思いつつなんですが、
やっぱり春色なので、スピードアップしたほうがいいかな?(^_^;

28_2


あちらこちらにフェザーを飛ばしたので、
ボーダーはシンプルにする予定です。


キルティングの手を動かしながら最近思うのは、
もうすぐ来る母の三回忌。
簡単な法事はすでに済ませたけど、それにしても
時が経つのは早いもの。
あの頃は毎日の病院通いで、こうやって縫うなんて作業は忘れていたなぁ。

この、ちくちくと縫う同じ手で、意識の無い母を数週間も
さすっていたとは思えないなぁ・・(^_^;
ずいぶんと昔のように思えるけど。
なんて、そんなことを思ったり。

今は思う存分、布と向き合える幸せ。

思えば、私はスポーツは何をやってもダメだったし、
何のとりえもなくて、(今もかな?)
学校から帰宅すると読書ばかりしてた小学校時代の私。
母の編むセーターを見ながら、楽しそう!と。

それが手芸を始めたきっかけかな。
やっぱり母がやっていたから、編むのを見かけたから、
今の私があるのかも。
一本の毛糸がセーターになっていく様子を見るのが楽しく、
またビーズを通したバッグの煌きに、子供心にいいなぁなんて
思ったり(^-^)
そうそう、ミシンを使ってよく服を作ってくれたなぁ。

ものが出来上がっていくうれしさというか、楽しさを覚えましたね、
この頃は。
見よう見まねでミシンを使ったりぬいぐるみを作ったり、刺繍を始めたりと、
この頃から色んな手芸に手を出して、今の要素があるのかも。


それにしても、亡くなった母も、そうだ、今の私のように
けっこういろんな手芸に手をだしていたんだなぁ・・・同じ事を
やっていると思うと、なんだか可笑しくなって、くすりと笑えます~♪

|

« 少し早めに | トップページ | 次のポジャギもノバンで »

「パッチワーク」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
親と同じことをしてる…と思う事ありますね。
毛糸で何回も編み返したり、昔は必要に駆られてしていたことも有るのでしょうが、今は趣味として高度なものになっています。
たまに私がパッチしてると、娘が「お母さんは偉いなあ~私には絶対できないことだわ!」ぴしゃりと・・・〔おいおい少し母の背中も見てくれよ…^^;〕ここで途絶えるかも?心配な私です。

投稿: ヨピ | 2007年2月18日 (日) 09時10分

こちらにもお邪魔します~。
いろいろ考えていると,そういうこと,ありますね。
わたしも,仕立物をしていた祖母,母の横で,よく布と針を
持って,見よう見まねで形のないものを作っていたような・・・
学生の時にも,家庭科で作ったものを家でも作ったりしてたなぁ。
仕立物の合間に洋服を作ってもらったりもしてたから
今の私はそんな影響をきっと受けているんだろうなぁ・・・

投稿: 葦笛 | 2007年2月18日 (日) 10時04分

ヨピさん、こんにちは。
やっぱり同じですね~、どこのお宅でも
お母さんが手を動かすのを見ては、自分も!と(^-^)
そういう記憶が手仕事に続いていくのですね。
我が家も、ヨピさん宅と同じ・・・娘達は今のところ、
まったくこういう手仕事は興味無いようです。
いつか、思い出してくれればいいかなって程度ですね~。

投稿: ぴよ | 2007年2月18日 (日) 12時53分

葦笛さん、こちらにもありがとうございます。
昔の母親、そのまた母親の時代は、とにかく
自分の手で衣類を作る、仕立てるというのが
普通だった時代のせいか、特に気張って作るというより、ちょちょ!とやってましたよね。
大人ってスゴイなぁと、思ったものです。
葦笛さんも幼い頃から、そういう素晴らしい手仕事を
見て育ったのですね。
母親の影響って、こういうところにもあるんですね、
すごいですよね~♪

投稿: ぴよ | 2007年2月18日 (日) 12時57分

ぴよさんこんばんは
春の色にステキなキルティング出来上がり楽しみにしています。
ふと命日が近づくと思い出しますね。
母は小さな妹を背負ってもう1人を遊ばせながら、
外で立ってよく編んでいたことを思いだしました。
自分も観よう見真似で編んだいた記憶が・・・
きっと母の影響でしょう。

投稿: シナモン | 2007年2月18日 (日) 23時32分

シナモンさん、おはようございます。
緑のキルト、キルティングをぼちぼちとやってます。
少しでも進むとうれしいですね。

お母様もやはり手芸はお好きだったのですね、
好きな方は、どんな時でも手を動かして
楽しんだのですね。
シナモンさんも、お母様の思い出のひとつに
なっているんですね。

命日が近づくと、ほんと、ああ、自分も
同じことやってるなぁ・・・(^_^;なんて思います。

投稿: ぴよ | 2007年2月19日 (月) 07時59分

おはよう御座います

ぴよさんも、手を動かしながら、お母様を思うのですね。

私も、この頃、昔の事を思い出します、私の母は、ベットの上だけの生活ですが

私の母も、子供の頃に夜なべで作ってくれました、朝起きると出来ているのが不思議でした。昔の人なので、本の編み模様の記号などは見られませんでしたが、元気な頃に教えた事もありましたが

私も、手仕事を始めたのは、母を見ていたからかな

投稿: ふくろうおばさん | 2007年2月19日 (月) 08時23分

私も同じくですね~
母が、お揃いのワンピースを縫ってくれたり…私の大事な『リカちゃん』のドレスを、白や段染めのレース糸で編んでくれたり…
そんな中、まず…小学3年生からかぎ針を習ったのが最初でした…
ぴよさんと同じで、そんな母の影響を受けて、今の私がいる…って感じです。
亡くなったお母様も、こんな風に手仕事をしつつ想う姿を、にこやかに眺めていらっしゃるかもしれませんね~

投稿: さいちゃん | 2007年2月19日 (月) 09時18分

おはようございます。
ボーダーが付くと一段と爽やかな感じになりましたね。
スピードアップ?これよりもまだスピードを出せるなんてすごいなー(*_*)

ぴよさんも皆さんもそれぞれ思いはお母さんに繋がってるのね。
そういう私も針を持ちながら母親の年齢に自分を重ねて、
もっと聞いておきたいことがたくさん有ったなと思いますね。

投稿: シマのママ | 2007年2月19日 (月) 10時17分

ふくろうおばさん、こんにちは。
ふくろうおばさんも、いろんな思い出がおありですね。
昔の人は、ほんとに、よなべをして
いろいろ作ってくれましたよね。
子供心に、大人ってすごいなと。
何でも作ってくれる母親の手って、まるで
魔法のようですね。
自分もそうなりたいと思いつつ・・・(^-^)

投稿: ぴよ | 2007年2月19日 (月) 13時17分

さいちゃんさん、こんにちは。
さいちゃんさんのお母様もやはり同じですね!
器用にいろんなものを作られたよう、それを
見ていたさいちゃんさんが手仕事好きになるのは
やっぱりお母様の影響ですね。
リカちゃんのドレスを編む・・・細やかな気配りと
さいちゃんさんの笑顔を見たくて!だったのでしょうね。

私の場合は、あれこれと手を出す母を見て、
1つ終ってから次にかかれば良いのに・・・と
思ってましたが・・・気がついたら同じことやってますよね~(^_^;

投稿: ぴよ | 2007年2月19日 (月) 13時21分

シマのママさん、こんにちは。
いや~、スピードアップというか、キルティングに
集中すれば早めに出来そうなんですが、
例によって、寄り道&のらりくらりでして(^_^;
最近は、キルティングの針目もなんだかおおらかに
なりつつあって、だめですね。
気を引き締めないと!

ほんとに、ほんとに、手芸のお好きな方、手仕事に
興味のあるかたは、小さい頃にお母様やお祖母様の
手仕事姿を目にしていたのでしょうね。
何が出来るのか、楽しみであり、不思議な時間でしたよね。

シマのママさんも、思い出の布とともに
いろんな感慨がおありでしょうね。
私も、母にあれこれともっと聞いておけばよかったなぁ、ほんと、同じように思います。

投稿: ぴよ | 2007年2月19日 (月) 13時26分

こんにちは~。
ぴよさんや皆さんのコメントを読んでいて、やはりお母様の影響ってすごいんだなあと感じました。
中には「親はしてないんだけど..」って言う友人もいますが、やはり多くの人が「母が服を作ってくれた」等の思い出が、手芸への初めの一歩なんですね。(^_^)
関心は持ちつつ、仕事が忙しい(そうでもないけど)..なんて言い訳して私自身はあまり針を持つ事はないけど、いつかデビューする時がくるのかなー☆と思ったりもしています。

投稿: マフティ | 2007年2月19日 (月) 14時17分

マフティさん、こんばんは。
ほんとに・・・みなさん、お母様、お祖母様の
手仕事を身近に見て、感じていたのだなぁと
思いますね!
ふと何かの拍子に、『ああ、そういえば・・・』と
思い出しては自分も同じような手仕事をしていたりと、
いろんな場面がありますね。
マフティさんも、あんなに素敵なお母様ですから
いろんな思い出があることでしょう?
あの布、この布と見ながら・・・マフティさんの数年後は
お母様と同じ作業をしているかも?(^-^)

投稿: ぴよ | 2007年2月19日 (月) 18時54分

こんばんは。

お母様の思い出~ぴよちゃんの心の中でいつまでも生き続けていくことでしょう。本当に手仕事がお好きだったのですね。それは、ぴよちゃん達が宝物だったからでしょうね。お母様の手で大事な宝物を守りたかったのだと思います。

今、ぴよちゃんもお母様のように、お嬢さんたちに同じようにしていらっしゃる。お母様もお喜びだと思います。

今は私の母はまだ健在ですが、針仕事が得意だった母のようになりたいな、と思っていた幼い頃の事を思い出しました。私も母との思い出は大切にしようと思います。♪

緑のキルト~もうすぐ完成ですね。キルティング素敵です。春らしいキルトが出来ますね。頑張ってくださいね。(*^^)v

投稿: s-mako | 2007年2月19日 (月) 19時30分

s-makoさん、おはようございます。
ほんとに、みなさんの思い出の中には、
幼い頃のお母様の手仕事を・・・これはどこの
家でも当たり前の風景だったのですよね。
そして、忘れたくない思い出に。
s-makoさんも、お母様のように手作り上手にと
励みにして過ごされて(^-^)
これからもお母様といろいろ話しながら楽しみながら
思い出を重ねて作品も作り上げていってくださいね。

緑のキルト、キルティングが楽しいでーす♪

投稿: ぴよ | 2007年2月20日 (火) 07時36分

ぴよさんこんにちは
皆さんお母さまの影響を受けているんですね。
私の母も小さい頃にあり合せの布をつかって簡単な
人形を良く作ってくれました。
昔は今と違いお母さんがミシンを踏む姿が当たり前に見れた時代で遠足の洋服も良く縫ってもらったものです。
親から娘に伝えたい物は色々ありますが、我が家も娘二人はあまり手芸が得意じゃないみたいです。
緑のキルトだいぶ進みましたね。フェザーのキルティングはやはり素敵ですね!!
私もようやく講座のパッチワークに取り掛かりましたが
のんびりチクチクしている時間は楽しいですね(^^)

投稿: たんぽぽ | 2007年2月21日 (水) 08時33分

たんぽぽさん、こんばんは。
やはりたんぽぽさんもお母様の影響ですね~♪
ほんとに、ちょっと前はあちこちのお宅で
こんな風にミシンを踏んで・・・でしたよね。
なんだか今では懐かしい風景になってしまったのかな・・・。
今は手芸に興味がなくても、ふとしたときに
こうやって、『母がそういえば・・・』と、思い出してくれるかもしれませんね。
緑のキルト、ぼちぼちとやっていますが、
もう少しかかります~(^-^)
自分のものなので、気長にやっている感じで。
たんぽぽさんもいろいろ手を動かしている様子、
ゆっくりと楽しんでできますように!

投稿: ぴよ | 2007年2月21日 (水) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少し早めに | トップページ | 次のポジャギもノバンで »