« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

ちょっとだけ春っぽく

昨日は、何かとこまごまとした用事が続いて
針はほとんど持てず。

キッチン作業もいろいろあり、パンを焼いたり、ついでに
簡単なケーキも焼いたりと。
(関連記事は、もう一つのブログ、『ふたご座。』にも)

オーブンを使っている間に、そうそう♪
キッチンも、もう少し春っぽくしようと思いついて、
ちょっと前に作った、簡単カバーを取り出してきました。
今のカバーはちょっと飽きたし(^_^;

キッチンのカゴに春色のカバーをするだけでも
だいぶ明るくなりますね~。

32_1

32b

気ままにピンクの布をつないで裏をつけただけのもの。
ちょっとだけレースをつけました。
キルト綿は無しで、ミシン縫い。
こんなのも、たまには気分転換になり良いですね。

午後からは、休みの夫のお供で、春のジャケットをさがしに
近所まで。
う~ん・・・パッチワークの布の見立てはいつも行くお店で
なんとかなるし、楽しいし、ささっと済むのだけど。

洋服の見立ては、苦手なんだなぁ~(^_^;
特に、男性のものって、難しいなぁ。
今回は夫の気に入ったものがたまたまあったので
早くに決まって、ホッと。
もう店内はすっかりと春色になってました。


| | コメント (6)

ちょっと色塗りを

このところ、夜に時間が取れると、緑のキルトをちくちくと
キルティング。
こちらはもうすぐ、ボーダーのキルティングに入ります。


紫のキルトは、前回の通り、キルティングラインでまだ
悩んでいる最中です。
ほぼ、こうやろうかなぁ・・・というところにはなっているのですが
まだ、まとまらず。


う~ん・・・と悩みながらも、何か考えないとボケそうなので、
こちらをせっせと、色塗りしてみました。

31c_1


次にやってみようかな?と思っているポジャギの。
いたずら半分、色鉛筆を持っては色塗り。
う~ん・・・どうしようかなぁ。

青系、紫系で7~8色使ってみようかと、色見本を見ながら
考え中。
でも、この色合いでは、夏向きになっちゃうよね、
ちょっと気が早すぎ?・・・(^_^;

| | コメント (12)

紫のキルト、ボーダーを


紫のキルト、ボーダーをつけています。

29

この紫色が、なんともきれいだなぁ~(^-^)

床に広げて、いろんな方向から見てと。
光が当ると、ああ、いいな、絹の光沢がきれいなもので、
つい、私も床に転がって撮ってみました。

29b_1

光沢がやっぱりいいですね。

さてと、これからがちょっと悩みの時間。
製図段階では、ボーダーのキルティングラインを考えていたものの、
ちょっと変えようかなと。

えーっと・・・どうしようかなぁ・・・
しばらく悩みそう。。。(^_^;


このところ、あちらこちらの方々のパッチワークのブログを
見せていただいて、ああ、すごいなぁと。
みなさん、すごいですよね~、ベビーキルトや小物、
可愛いバッグなどなど。
可愛いもの、素敵なキルト等、ああ、ほんとスゴイなぁと、感心しては
私は、ぼうっとしてしまう。
まったくまともにパッチワークを習いに行っていない私は
いつまで経っても劣等感のカタマリなんです・・・(^_^;


なんだか、やたらめったらに、こんなパッチワークをしている
自分がなんともお恥ずかしい~(^_^;
なんだか進歩のない自分が悲しいほど。

じゃあ、お教室に通えば・・・と別の自分が言うのですが、
もう一人のものぐさな私が邪魔をする・・・って具合です。


でも、まぁ、こうやって好き勝手にやるのが
私のパッチワークということで・・・・
自分が楽しめればいいかな~♪ 

| | コメント (14)

ポジャギ、もう一つ完成

ポジャギ、2つめの完成です~(^-^)

30_1


大きさは、20cm×20cm。

このサイズだと、すぐ出来て楽しめますね。
ふんわりの色合い、やさしい感じで、これもいいなぁ。


作り方がなんとなくわかり、また手も慣れてくると
なんだかまた作りたくて、むずむずしますねぇ~♪

今度はブルーと紫で・・・なんていうのを自分で
デザインして作ってみようかな。
ちょっとだけ頭の隅に、ポジャギの楽しみ。
まだまだ先ですが、少し製図してみようかな。

さて、今度はあの紫のキルトも、続きをやらねばね。

| | コメント (12)

次のポジャギもノバンで


韓国の布、ノバンを使った2つめの作品に
取り掛かっています。
これは気楽に取り組める小さなもの。

小さめの可愛いサンポ(ホコリよけのようなもの)です。
可愛い色合いのストライプ状になったノバンをつないでいきます。

27_1

27b_1

27d


これは、<strong>ポジャギ布屋さんのキットのものですが、
とても簡単、作りやすいですね。
完成すると、20cm×20cmになります。
もうすぐ完成しますが、とりあえずこんな感じで
縫っています。


そして、これを作り始めてから、前に作ったあのポジャギの
間違えた部分がわかりました。

前のものは、縫い代の幅、これをを間違えていたようです、
だから完成品の大きさが変わってしまったんですねぇ。
納得です。
前に作ったキットは、布の縫い代のことまで
作り方説明書に書いていなかったので、よく分からなかったので
自分なりに考えてカットしたものの、縫い方が独特なので
そこで間違えたようです。


でも、今回のもので、覚えました、今度は
もう間違えない!(・・・と思うけど)
こうやって、何度か作って覚えるんですね~、
そして失敗は成功のもと!(^-^)

| | コメント (10)

キルティング中

緑のキルト、相変わらずまだキルティング中です。
急ぐものでなし、ゆっくりと・・・と思いつつなんですが、
やっぱり春色なので、スピードアップしたほうがいいかな?(^_^;

28_2


あちらこちらにフェザーを飛ばしたので、
ボーダーはシンプルにする予定です。


キルティングの手を動かしながら最近思うのは、
もうすぐ来る母の三回忌。
簡単な法事はすでに済ませたけど、それにしても
時が経つのは早いもの。
あの頃は毎日の病院通いで、こうやって縫うなんて作業は忘れていたなぁ。

この、ちくちくと縫う同じ手で、意識の無い母を数週間も
さすっていたとは思えないなぁ・・(^_^;
ずいぶんと昔のように思えるけど。
なんて、そんなことを思ったり。

今は思う存分、布と向き合える幸せ。

思えば、私はスポーツは何をやってもダメだったし、
何のとりえもなくて、(今もかな?)
学校から帰宅すると読書ばかりしてた小学校時代の私。
母の編むセーターを見ながら、楽しそう!と。

それが手芸を始めたきっかけかな。
やっぱり母がやっていたから、編むのを見かけたから、
今の私があるのかも。
一本の毛糸がセーターになっていく様子を見るのが楽しく、
またビーズを通したバッグの煌きに、子供心にいいなぁなんて
思ったり(^-^)
そうそう、ミシンを使ってよく服を作ってくれたなぁ。

ものが出来上がっていくうれしさというか、楽しさを覚えましたね、
この頃は。
見よう見まねでミシンを使ったりぬいぐるみを作ったり、刺繍を始めたりと、
この頃から色んな手芸に手を出して、今の要素があるのかも。


それにしても、亡くなった母も、そうだ、今の私のように
けっこういろんな手芸に手をだしていたんだなぁ・・・同じ事を
やっていると思うと、なんだか可笑しくなって、くすりと笑えます~♪

| | コメント (18)

少し早めに

今年は暖冬のせいか、もう春の雰囲気が。
庭の花も、例年よりも咲くのが早いようです。
部屋も、もう少し春っぽくしようかなと。

ちょっとしたスペースに飾っているミニタペストリーも
春の雰囲気のものに変えました。

こちらのものを・・・・

26_1
 (全体写真は、サイドバー、マイフォトのミニキルトに)
 ↓
こちらに・・・
 ↓
26b

(全体写真は、サイドバー、マイフォトの2006作品に)
ちょっとだけ、春の雰囲気に。

少し大きめのタペストリーの交代は、桃の節句が終ったら(^-^)

| | コメント (8)

ポジャギ、完成

こちらは、ちょっと前から手がけている、ポジャギ。
ボーダーをつけて、完成しました。

23_2


ただ、何を間違えたんだか???
これはキットのものなのですが、出来上がりサイズが
かなり小さくなってしまいました。
う~ん、縫い代を多く取りすぎたかな・・・

でも、透け感のいい感じはそのままなので、
良しということで!
 (35cm×35cm)
ブルーとグリーンなので、ちょっと夏向きかな?

・・・出来上がったものの、縫い間違いがかなりあります、これ・・・(^_^;
間違いも成功のもと・・・ということで、また次なるものを
やっていけばいいかな。


こちらは、先日注文した、ポジャギの布見本と
キット。
ピンクのものがキットです。
今度は温かみのある、ふんわりした色合いのものに
なりそうです。

23e

見本の布を見ながら、次はこういうものを作ってみようかな?と
考えるのも楽しいですね。

| | コメント (12)

手仕事はゆっくりペースで

連休だからというわけではないけど、この数日は
外出が多く、ゆっくり手仕事が出来ず、ちょっとモノ足らぬと
言う感じで。
ようやく夜に、少しだけ時間が取れたり。
楽しい手仕事、ゆっくりやるのが一番ですね。

こちらは、少し縫った、紫のキルトのトップ部分。
これからさらにつなぎ合わせます。

24_2


ひとつのことをやりながら、つい目をやるのは、
やりかけのポジャギ。
う~ん、こちらも、あともう少しで出来るんだなぁ。
どちらを先にやろうかな・・・(^-^)


ところで、このところ興味の湧いてきたポジャギ、
布はどこで手に入れたら・・・と検索して探してみたところ、
こちらの素敵なお店を発見、そして、せっかちな私は
さっそく注文してみました。
お店はこちら・・・

とても対応が早く、もう布が手元に届きましたよ~♪
今回頼んだのは、ノバンの布見本と、小物のキット。
ああ、早くこちらも手をつけたい!

| | コメント (10)

ポジャギ、その後

例によって、あれに手を出し、これに・・・と
相変わらず・・・(^_^;

見よう見まねのポジャギ、その後は
こんな感じで。
 ↓
18e


ブロックを4つ作り、これからつなげるところ。
ちょっと透ける感じが味わいたくて、試しにカーテンに
そっとつけてみました。
 ↓
18g

初めてのものなので作りは未熟なものの、
透ける感じ、やっぱりいいですね~♪


| | コメント (10)

ふちが・・・

ソファに置いてある普段使いのキルト。
よく長女が使っていますが、ふと見ると、ふちが
擦り切れてしまって。

17_2


17b
 ↑
表はこんな感じのキルト
(全体の様子は、右サイドバーのマイフォト、Quilt1に)

毎年秋~春にかけてこのキルトを出しているけど
もう10数年は使っているので、仕方ないかな。
他は擦り切れてはいないので、ふちだけ取り替えて
補修しなくては。

キルト本体部分は意外に丈夫で、ほつれたり穴が開いたりと
いうことはまだないのでしばらく使えそうです。


でも、このキルトの代わりも、そろそろ考えた方がいいかな?
いや、それより先に、長女にWウェディリングリングのキルトでも
作ってやりたいもの・・・長女に相手が見つかってからでいいかな?
(いつになるのやら~~(^_^; )


そうそう、こちらは、進行中の、紫のキルト。
つなげている最中です。
 ↓
22_1

寄り道ばかりしてるので、なかなか進んでいません。

| | コメント (8)

見よう見まねで、ポジャギを

紫のキルト、少しつなげはじめましたが、
まだ寄り道しています。

これは、先日購入した、ポジャギのキット、
ちょっとだけやってみようかな。

今、手がけているものを終らせてから、
このキットを・・・と思いつつ、どうしてもやって
みたくなりました。

で、ポジャギ初挑戦。

印しつけは、ヘラで。
ちゃんと印がつきますね。(布の種類は、ノバン)
 ↓
18_1

ふむ~、こんな感じでいいのかなぁ?
 ↓
18b

18c

透ける感じがいいですね~♪

韓国のパッチワークともいうポジャギ、へぇ、布も
いろいろあるし、縫い方も。
今回の縫い方は、折り重ねはぎ(サムソル、ぐし縫い技法)と
いうやり方で。


しかし、韓国のものって・・・実は私は韓国ドラマというのも
見たことが無く、知ってるのはキムチくらいかな?(^_^;

ポジャギ、これはなかなか楽しめそうですね。
いろんな色が欲しいな。

| | コメント (10)

ちょっと寄り道を

紫のキルト、パターン42枚が縫い終わったので、
ちょっと息抜きを。

こちらは、縫い終わったパターン。
 ↓
21_1

思いついたのは、そうそう!
いつもいろいろ美味しいものを送ってくれる義妹に何か・・・と。
春色の簡単コースターを作ってみました。
こんな感じでどうかな?

21b

21c

21d
 ↑
簡単4パッチに、ちょっとだけ刺繍。


| | コメント (6)

2月のキルト

2月になったので、キルトの掛け替えを。
すこし小さめですが、朱色の和のキルトなので
けっこうインパクトありです。
 (114cm×114cm)

しまっておいたので、先にシワをとってと。

20b

掛けたところ・・・・

20

20c

20d

このキルトは、5歳で亡くなった姉の形見のもの。
七五三の着物です。

母から、この着物を譲ってもらったものの、長い間はさみを
入れられず、悶々と・・・(>_<)

はさみを入れたのは、母の病気が分かってから。
何かキッカケがないと思いきれないものですね~。

でも、母にはその後いろいろあり、結局、
トップの完成も見せられずに終ってしまいましたが。

姉は、この着物が大好きだったようで、よく着せてもらっていたのかな、
写真がたくさんあります。
可愛い小さな踊り用の傘をさして、にっこり笑っていたり。
初めての子だったので、きっと父母はいろんなことを
させてやりたかったのでしょうね。

その写真を撮った父、着物を着せてやり、喜ぶ姉を見ていた母、
そして姉と・・・みんなすでに天に行ってしまいましたが、
その3人は、こうやって飾るのを喜んでくれているかなぁ?(^-^)

実は姉が亡くなった時は私は3歳くらい、ほとんど姉のことは
覚えていないのですが、不思議にこうやって
キルトを飾ると身近に感じるような・・・

このキルトは、桃の節句が終るまで飾ります。

キルティングは、主に落としキルトを。
紫色の部分数種は、骨董市で手に入れた古布。

| | コメント (10)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »