« 木のパッチワークとでも | トップページ | 紫のキルト 2 »

キルト展、TVで見つつ&そういえば

昨日の午前中、衛星放送で、今、開催中の東京ドームのキルト展の様子を
やっていたので、TVの前にいそいそと。
少し手を動かしながら、見ていました。

ああ、やっぱりスゴイですね~!
どの作品を見ても、とてもきれいに仕上がって、
そして華やか・・・鮮やか。
大賞を取った作品の細やかなこと。
その他の受賞作品も、なんと素晴らしい。
もう、うっとり、言葉が出ませんね~。
スズランの花をデザインした『she』、こういう作品が
好きだなぁ(^-^)
そして、アンティーク・キルトの数々にもうっとり。
目の保養、そして勉強になりました。


パートナーシップ・キルトもずいぶんと今回は枚数があり、
さすが、パッチワーク人口の多さ!
人気は衰えませんね。
ちくちく・・・と縫う楽しさは永遠なのでしょうね。
友人たちと作った、グループでの作品もあり、
なんとも楽しそうなキルトもたくさん。


そのパートナーシップ・キルトを見て、そうそう・・・
そんなのも、作ったなぁ、昔、昔に。

二女が小学生2年の今頃、私と友人とで小学校のクラスの
お母さん方に呼びかけて、みんなで作ったキルトが、こちら。
(写真しか残っていませんが)
 ↓
13c

13d


もう15年も前のもの・・・
う~ん、あのころ作業したのが懐かしい(^-^)


二女の担任の先生(男性ですが)、とてもまめな先生で、
1年生の頃から、毎日欠かさず学級通信を作り、子供達の勉強や
日々の様子、出来事などを書いてはプリントにしてその日に
家に持ち帰らせてくれていました。

2年生の最後には、それぞれの子供達がバインダーにまとめたそのプリントを
持ち寄り、一冊の本にしていただき、貴重な成長の記録になりました。
子供たち一人づつに一冊の本でした。
今のように、PCがあったわけではないので、とても大変な作業だった
事と思います。
手書きでの文章、とても温かみがありました。

何か感謝の気持ちを先生に・・・と、私が友人にその話をしたことが
きっかけで、じゃあ、他のお母さん達にも呼びかけてみようと。

『先生に、内緒のプレゼントを!』を合言葉に、
キルトのキットをクラス人数分作り、
親と子の共同作業でキルトを作りました。

子供達が、自画像を白い布に描き、それを親が刺繍したり、
アップリケしたり・・・そんなパターンが集まり、それらを
集会所でまとめて縫い合わせたりと。
中には、お父さんと縫ったという子もいたり。

キルトが出来上がった日、普段あまりお付き合いのないお母さん方も
手を叩いて喜んでくれましたね~。
『先生は喜んでくれるかな?』と、少々不安はありましたが。

2年生最後の懇談会、寒い日でした。
この日に、先生へキルトをお渡ししよう!ということを
お母さん方にもお知らせしておいたので、とにかく懇談会の
出席者がどのクラスよりも格段に多く、先生はびっくり顔で。

小学1~2年生を受け持って、様々な思いなど、先生もいろんな
話をされて、ひと段落。
ここで、感謝の印にということでキルトをお渡しし、出席したお母さん達から
拍手!拍手!(^-^)
・・・・その時の先生の笑顔は忘れられないですね。
『子供達が何かみんなでやっているなぁ・・・とは思っていたけど、
 まさかこんなものを作っていたなんて!』と、そんな言葉をいただきました。

その後、このキルトを校庭に広げ、クラスの子供達全員で撮った写真が配られて
きました。
子供達も、クラスみんなと、そして親も参加しての共通の作業ということで
とても喜んでくれたのだとか。

そして、日頃は繕いものしかしないけど、パッチワークって
楽しいのね・・・と、そんな声もあとから聞いてうれしかったのを
覚えています。
みんなで作ると楽しいのですよね~♪

ただ、少し大きめサイズのキルト(132cm×144cm)だったので
キルトを知らなかった先生にはちょっとご迷惑だったかな?

|

« 木のパッチワークとでも | トップページ | 紫のキルト 2 »

「パッチワーク」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
とても好いお話ですね。
素敵な先生がいて、それに応える子供達とサポートする親達の心が一つのキルトは、きっと先生の宝物になっていることでしょう。

今朝のNHKでもキルト展の様子が放映されそうですね、早く片付けてテレビの前に座らなくっちゃ(^.^)

投稿: シマのママ | 2007年1月22日 (月) 08時36分

おはようございます。
素敵な話ですね~♪
子供と親と一致団結?して、一つのものを作り上げる!
そして、それはお世話になった先生に差し上げる為!・・・^^。
キルトの暖かさ以上に、ハートが暖かくなりました。
先生への感動のプレゼントでしたね。
一つ一つの子供の顔が、なんとも言えず愛らしいです~☆

投稿: ヨピ | 2007年1月22日 (月) 09時15分

こんにちは~♪
いい先生にめぐり合えてよかったですね~
子供たちの笑顔が可愛い♡
キルトフェスティバル…
昨日のも…今朝のも、
見れなくて録画してるんです。
仕事が片付いたら見ようと思ってます!!
目の保養ができそうです(*⌒▽⌒*)

投稿: さいちゃん | 2007年1月22日 (月) 09時30分

おはよう御座います

私も、見ました、いつも思うことなのですが、もっとたくさんの作品を見せてほしいですよね。

先生、きっと忘れられないクラスになっていらっしゃると思いますよ、その先生は今でもいらっしゃるのですか、一度キルトのもとに、集まれーなんて

皆で作ると本当に、楽しいですよね、私はきっとおばあさんになって死ぬまで続けると思います

投稿: ふくろうおばさん | 2007年1月22日 (月) 09時51分

ぴよさんこんにちは
とても素敵なお話をありがとうございます。先生にも子供たちにも忘れられない思い出ですね。
親子でそんな心のこもったプレゼントが出来るのもキルトならではのものです。
今日の朝のキルト展の中継のあとの10時からのキルトの美術館『シェルバーン美術館』の番組にも感動しました。
「針と糸があれば誰でも出来るキルト」この番組でも新たにキルトの素晴らしさを再認識した気がします。


投稿: たんぽぽ | 2007年1月22日 (月) 12時12分

シマのママさん、こんにちは。
キルトのプレゼントにびっくり&笑顔の先生の顔は
忘れられない思い出となっています。
当時小学生だった子らも、もう成人、時が経つのは
早いですね~。

今朝もTVでやってましたね、シマのママさんも
ゆっくりご覧になったのでしょうか。
私も・・・(^-^)

投稿: ぴよ | 2007年1月22日 (月) 12時32分

ヨピさん、こんにちは。
当時はパッチワークなんて・・・という方も
多かったのですが、いざ作り始めるとみんな
仲良く盛り上がりました。
子供達の自画像、よく似ているんですよ~♪
みんなで仕上げての贈り物、いい記念になりました。

投稿: ぴよ | 2007年1月22日 (月) 12時34分

さいちゃんさん、こんにちは。
子供たちの笑顔にはかないませんね、
その自画像ですから、もう楽しいキルトと
なりました。
昔の話ですが、思い出してつい長々と
記事にしてしまいまして。

キルト展、すごいですよね~♪
あ、これからゆっくりと鑑賞ですね?
ほんとに目の保養になりますよ~。

投稿: ぴよ | 2007年1月22日 (月) 12時37分

ふくろうおばさん、こんにちは。
ほんと、そうですよね!
画面に向かって、『もっと見せて~♪』と、
つい、つぶやいたりして。
すごい作品、素敵な作品、どれも目を奪われますね。

キルトをお贈りした先生は、たぶんもう退職されている
年齢だと思われます。
お元気にお過ごしだといいなぁと。

キルト、魅力は未知数、いろいろ作っていきましょう♪
ふくろうおばさんの暖かいキルト、魅力もいっぱいですよね、これからもマイペースで!

投稿: ぴよ | 2007年1月22日 (月) 12時41分

こんにちは。

ステキな先生のお話~感動しました。本当に心暖まるエピソード~いつまでも大切になさってくださいね。♪

NHKキルトフェスティバル~良かったですね。画面からもキルトの素晴らしさを実感しました。実際に見たらもっと圧巻でしょうね。今日も少し中継してましたね。その後~アメリカのキルト美術館の放送も良かったです。普段見られないキルトを放送していました。うっとりと眺めておりました足元にも及ばないですが、これからもずっとキルトを続けていきたいなぁ~と思いました。(^^)

投稿: s-mako | 2007年1月22日 (月) 12時44分

たんぽぽさん、こんにちは。
どんなキルトにも何かしらのお話があるものですよね。
当時は幼かった子らももう成人し、それぞれに
きっとりっぱに活躍していると思うのです。
彼らの成長のその1ページに、ちょっと思い出してもらえていたら
うれしいなぁと(^-^)

今朝のシェルバーン美術館のキルトやそれらに
関わる話もとてもよかったですね!
やはり人と人とのつながりがキルトを・・・と
感動でした。
他にもいろんな美術館でキルトは保存されているので、
こういう番組も多く作ってほしいですよね!

投稿: ぴよ | 2007年1月22日 (月) 12時46分

s-makoさん、こんにちは。
いろんな人と関わってキルトを作りましたが、
やはりこの子供達と一緒に作ったキルトがとても
思い出深いものになっています。
子供達の自画像の表情がいいでしょ?

キルト展、ほんとに・・・もう、うっとりですよね。
ああ、スゴイなぁと、1人でぶつぶつ・・・(^_^;
TVでの放送はやはり限度はあるのでしょうが、
もっと見たかったですね!

今朝の放送後の美術館のも、胸にじーん・・・とくるものがありますね。
確かこの番組は以前にも見たことがるのですが、
それでも、また見て感動しました。
キルトをめぐる話は、歴史、当時の女性たちの歴史でも
ありますね。
キルトを見ていると、その背景も知りたくなりますね。

投稿: ぴよ | 2007年1月22日 (月) 12時55分

こんにちは~
そうそう東京ドームで開催されているのですよね。
私達の升井先生が26日に≪メダリオン≫についてのトークショウに出られる為、もちろん皆で出かけて行くのですよ。ぴよさんは?行かれましたか?

素晴らしい思い出のキルトを作られたのですね~。
とても心に残る事を、されたって感じで。
何だかドラマの1シーンみたい!
とても微笑ましく思いました。

投稿: く~ちゃん | 2007年1月23日 (火) 15時13分

く~ちゃんさん、こんにちは。
師事している先生が出られるのですね、すごいですね~!
トークショーも楽しみですね、みなさんとお出かけ、
きっとにぎやかに楽しいことでしょう!
私は・・・えっと、出不精なもので・・・(^_^;

昔のキルト、いろいろと思い出しては
そんなこともあったよね・・・と、二女と語り合ったり。
思い出の1つですね~♪

投稿: ぴよ | 2007年1月23日 (火) 15時19分

こんにちはー☆
記念のキルト、きっと先生も大感激だったと思いますよ!
一所懸命先生のお仕事をやってきて、父兄の皆さんや生徒さんと気持ちが通じ合って...
お話を読んだだけで、なぜか私がうるっと来ちゃいました。

キルト展、ほんとにため息が出てしまいました。
個性的なものや、伝統的なものや・・一口にキルトって言っても、いろんなタイプがあるんだなあと、改めて感じました。
もっといっぱい、ゆっくり見たいですね~。

投稿: マフティ | 2007年1月23日 (火) 16時20分

マフティさん、こんばんは。
あのキルト、作っている時はやはり気が乗らない・・・
という方もいらしたようなのですが、
でも!完成して、それをお渡しした時にはもう
大歓声でしたね~(^-^)
クラスみんなの父兄の協力がなければ出来なかったこと、
小さなちくちく・・・が見事に完成したわけです。

キルト展、ほんとに・・・
どうしてこんなに素敵に仕上がるのかなぁ・・・と
目が釘付けになりましたよね。
それぞれのキルトにまつわる話も、いろいろ。
キルトと人の物語ですよね。

TV,毎回中継してくれるのですが、ほんとに
もうちょっとカメラをあちこちに動かして!
ゆっくり見せて~~!と思いますね!

投稿: ぴよ | 2007年1月23日 (火) 18時50分

紫のキルトの、進み具合も早いですねぇ~
私は、いつも考えすぎて行動が伴いません(^^ゞ

TV放送私も見ました~
時々窓の外の鳥が気になりながらネ♪
パートナーシップ・キルト、私も作りました。
子供が6年生の時、クラス全員で♪
同じです。(^o^)丿
その先生は退職され、去年からblog友達になりました~♪
先生にとっては、登校拒否してる子供がいたりで、大変な時期だったかも知れませんが、仲の良いクラスでした。
今思うと、重いプレゼントだったかなぁ~と心配してしまいますが、まだ寝室に飾って下さってるそうで、嬉しいです♪
子供も親も一緒に作った楽しい思い出ですネ♪
若かったなぁ~とつくづく思います(^^ゞ
さて、明日東京ドーム行って来ますネ
私もすずらんの「she」と、「スカイダイビング」をじっくり見て見たいです♪
もちろん、大賞の作品もネ♪

投稿: orenge | 2007年1月24日 (水) 18時27分

orengeさん、こちらにもありがとうございます。
わぁ、orengeさんもパートナーシップキルト、
作られたんですね!
ほんと、親子ともども良い思い出になりますよね、
6年生なら、想い出もひとしおでしょう。
ああ、あの頃は・・・なんて話が出ますよね。
そして、えっ、その時の先生とblog友さんですか、
わぁ、いいなぁ。
う~ん、こういうキルトはやはり勢いが必要、
私もそうです、若かったなぁとそんな思いもあります。

明日は東京ドームにお出かけ、いいですね!
いろいろ楽しんできてくださいね、そして
キルトの様子、報告を楽しみにしてます~~♪

投稿: ぴよ | 2007年1月24日 (水) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木のパッチワークとでも | トップページ | 紫のキルト 2 »