« キルティング再開 | トップページ | 紫のキルトと呼ぶことに »

和のキルトを

昨秋に購入した着物数点。
とりあえず、ほどいたものの、少し止まっていましたが
暮れに洗濯やアイロンかけを。
お正月の準備をしながら、合間にやっていました。

2_2

2b

アイロンがけは、ゆっくり丁寧にやりつつ、手早く。
(って、意味がわかりませんよね?(^_^;)
絹なので、じっくりアイロンを掛けてしまうと傷んでしまいそうで
こんな表現でして。
皺を伸ばして、そして、アイロンの跡が残らないように・・・
そんな感じがいいですよね。

それが終ったら、次は、薄手の接着芯を貼ります。
縮緬などのお細工ものには、接着芯は貼らずに柔らかい
布を楽しみますが、キルトにする私の場合は、接着芯を貼る
作業というのがあります。

今回購入した接着芯は、110cm幅で4m。
手芸店の人は、怪訝な顔してましたが・・・買いすぎたかな?
でも、みんな使い切ってしまいました。

接着芯、アイロンで接着させますが、表に皺が寄らないように、
少しだけ気をつけます。

2c

2d_1


これで、着物が『布』になり、あとはピース通りに
カットしていく作業になります。

|

« キルティング再開 | トップページ | 紫のキルトと呼ぶことに »

「パッチワーク」カテゴリの記事

コメント

キレイな布ですね~
ウットリしちゃう♡
私も、キッチリと仕上げたい場所や手織物によく薄手の接着芯を使うので、2~3m買いますが…それでも『えっ!?』って聞かれます(^_^;)
こういう反物用にこの幅の接着芯があるといいですよね~
さぁ~て、何ができるんでしょうかぁ~
楽しみです!!

投稿: さいちゃん | 2007年1月10日 (水) 14時13分

こんばんわ

ぴよさんらしい、準備風景を見せて頂いて嬉しい、

芯を張った状態で保存しておくのですか、

私は、頂いた着物は、そのまま箪笥の中です、布の状態にしておけば、いつでも使えるのですが、

ぴよさんを見習わなくてわ

投稿: ふくろうおばさん | 2007年1月10日 (水) 18時14分

さいちゃんさん、こんばんは。
いつも行く骨董市、こういうものと出会えるので
うれしいんですよね~♪
さいちゃんさんもいろんな手作りだから、
やっぱり材料が半端じゃないでしょうね?
けっこう怪訝な顔されますが、笑ってごまかしてます(^-^)
今年前半には完成・・・の予定(たぶん)です。

投稿: ぴよ | 2007年1月10日 (水) 18時57分

ふくろうおばさん、こんばんは。
えっと、今回はすぐにピースワークに入るので
接着芯をつけています。
が、普段は、着物はほどいたら、洗ってアイロンまで。
今回は、もう製図も終っているので、
すぐにこの後にピースカットに入ります。

ふくろうおばさんのところには、きっと素敵な
着物があるのでしょうね?
布の状態にするまでが手間ですが、
いつか素敵な作品になることでしょう、そのときが
楽しみですね。

投稿: ぴよ | 2007年1月10日 (水) 19時00分

こんばんは。

大変な作業でしたね。着物は着丈が長いので、アイロンや芯を張るのは本当に大仕事ですね。芯の長さも半端じゃないから、お店の方が驚くのは無理ないかもしれません。♪

でもこの大仕事を済ませたら、今度は喜びが待っていますね。どんなステキなキルトに~どんどん夢がふくらんで楽しいですね。(^^)

投稿: s-mako | 2007年1月10日 (水) 22時10分

s-makoさん、おはようございます。
着物を布に・・・いろいろ手間がかかるのですが
けっこうこういう作業は好きなので
大変だ!という感覚はないんです、むしろ楽しい♪
これをやれば、次が出来る!と、ウキウキと(^-^)
でも、接着芯4mを一度に購入って、やっぱり変ですよね~、お店の人は首をかしげてましたが。
s-makoさんは着物に詳しいので、何かあったら
ぜひ教えてくださいね。

徐々にこのキルトの準備が進んでいます。

投稿: ぴよ | 2007年1月11日 (木) 08時06分

おはようございます。
一枚の布になると柄が変わって見えますね。
これからどんなものに変身するか、
準備万端整ってさすがぴよさんですね。
これが有っての素敵な仕上がりとなるのですね。
私は先を急ぐ余りに何事も準備がいい加減だから、
ぴよさんを見習わなくっちゃと反省(^^ゞ

これからの過程も楽しみにしていますからね~(^o^)丿

投稿: シマのママ | 2007年1月11日 (木) 09時10分

シマのママさん、こんにちは。
着物が布になり、カットしてまたそれから変化を・・・
なんだか不思議ですよね~。
この着物、だんだん小さくなっていくのですが、
それが良いのかどうか?
ただ私のところに来た以上は、キルトになってしまう
運命というところでして(^_^;

準備万端なんて、いえいえ~~~、突然、布を
広げてしまうのです。
けっこういい加減なので、家族は呆れ顔なんです!

投稿: ぴよ | 2007年1月11日 (木) 13時58分

以前和布には接着芯を張るのですよ・・
とお教えいただいたときカットしたものに一つ一つ張るのかなあと・・膨大な数で頭が壊れそうだなどと思っていました・・・
で、私はもちろん手付かずで・・
こんなふうにいっぺんに張ってしまうのですね。知っている方には当たり前のことがすべて新鮮です。
どんなものに仕上がるのでしょうか。完成楽しみにしています。

投稿: ゆめ | 2007年1月11日 (木) 23時06分

ゆめさん、おはようございます。
接着芯、貼るのは1つづつのピースでは
ちょっと大変ですよね~。
貼ったり貼らなかったりと、人それぞれかも知れませんが、
この方が格段に作業は楽ですね。
あちらこちらで見知ったことを実践してみると、
自分なりのやり方も出来て、楽になりますよ~♪
これから徐々にまたお見せしますね。

投稿: ぴよ | 2007年1月12日 (金) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キルティング再開 | トップページ | 紫のキルトと呼ぶことに »