« 少しだけ秋の雰囲気で | トップページ | やさしく編んで »

10月のキルト

秋の雰囲気の小物も出したし、
そうそう、もう一枚、キルトも出そう。

こちらは、昨年作った、秋のキルト。
パターンは、オザークタイル。
階段の踊り場に飾って、ここもまた、秋の雰囲気に。
 (132cm×132cm)

303_1

303b_1

ちょっと写真だとパターン部分が明るく写っていますが
もうちょっとボーダーになじんだ色合いになっています。

昨年は完成したものの、飾るという気持ちには
なれなかったけど、今年は吹っ切れたかなぁ。

このキルトのトップを作ろうと思ったのは、
私の母、夫の母、どちらもどうしようもない病状に
無心に何かやっていないと・・・という時でした。
頭の中を空っぽにしたかったというか。

今は、亡くなった2人の母達の思い出もちょっとあり・・・かな、
このキルトは(^-^)


|

« 少しだけ秋の雰囲気で | トップページ | やさしく編んで »

「パッチワーク」カテゴリの記事

コメント

おはよう御座います

まだまだ、思い出が、生々しくて辛いかもしれませんね、でも、亡くなられた方への思い出を話してあげる事は、亡くなられた方には、幸せなのだそうです。

投稿: ふくろうおばさん | 2006年10月 6日 (金) 07時17分

今からの時期にピッタリのキルトですね~!!
まるで、落ち葉を敷き詰めたような…
お母様のお話…お聞きしましたね~
もう去年の話なんですね~
時の立つのは早いものです…

投稿: さいちゃん | 2006年10月 6日 (金) 08時41分

こんにちは~。
キルトって,いろんな思い出が詰まっているからこそのもの
なんだろうな,とよく思います。 楽しい思い出も,悲しい
ことも,頭の中からは時間が経てばだんだん薄れていくけれど,
キルトに紡いでおけば,それを見ると,記憶がよみがえる・・・
とても大切な役割をしてくれているものですね。

ぴよさんのお宅は,すっかり秋色でしょうね。
うちなんてまだまだ夏の名残ばかりで(^-^;

投稿: 葦笛 | 2006年10月 6日 (金) 12時06分

ふくろうおばさん、こんにちは。
ほんとですね~、亡くなった方の思い出、
話したり、思い出したりするほうが供養になると
聞きました。
自分でも、やっと普通に母や義母の思い出を
普通に話せるようになってきました。
時間は良い薬ですね。
このキルトも、掛けようと思いましたもの(^-^)

投稿: ぴよ | 2006年10月 6日 (金) 13時02分

さいちゃんさん、こんにちは。
あ、ほんとですねぇ~、枯れ葉のように
見えますねぇ~♪
まだ近所の林も色づいてはいませんが、
家の中は、一足お先に・・・って感じになりました。
それにしても、時が経つのはほんとに
早いものですね~。

投稿: ぴよ | 2006年10月 6日 (金) 13時04分

葦笛さん、こちらにもありがとうございます。
ちくちくと想いも縫いつないでいく・・・
いろんなキルトが、きっとこういう何かしらの
思い出とともにあるんですね~。
どなたが作っても、楽しい事や辛いこと、いろいろ包みこんでくれるのですよね。

秋色のものを出すと、やはり雰囲気が
変わりますね~、ちょっと気持ちも落ち着くようです(^-^)

投稿: ぴよ | 2006年10月 6日 (金) 13時08分

こんにちは。
こちらにも寄り道ついでに(^^ゞ
また素敵なキルト、大変な時期に作ったのですね。
思い出いっぱい、好い思い出だけしっかり残して偲んでくださいね。
そうすれば何か有った時に、あの時は頑張れたからと次も頑張れそうに思います。

投稿: シマのママ | 2006年10月 6日 (金) 16時36分

シマのママさん、こんばんは。
このキルトを作っているときは、いわゆる
現実逃避ということだったのでしょうねぇ。
本当は、辛い現実から逃げ出したい一心だったと・・・。

今は、母や義母の微笑んだような顔を
よく思い出します・・・。
このキルトを飾れるようになったのも、
その顔を思い出せるようになったからかな~。

投稿: ぴよ | 2006年10月 6日 (金) 18時33分

こんばんわ
小さなピースで秋色にしてくれたタペストリーでね。 これからの季節にまさにピッタリ
辛かったときに作ったものでも時間がたつとその時のことを思い出してやさしい気持ちにしてくれます。キルトって不思議ですね
眺めてお母様を思い出してあげてください。

投稿: シナモン | 2006年10月 6日 (金) 23時16分

シナモンさん、おはようございます。
秋色キルト、似合う季節になってきました(^-^)
ほんとに、そうですよね・・・最初は辛い思い出なので、作っても掛けたりはしないかもと、思っていたのに。
今は、母、義母のふんわりした顔を思い出します。
不思議ですよね・・・

投稿: ぴよ | 2006年10月 7日 (土) 08時18分

≪オザークタイル≫って言うのですか!やった事ない≪パターン≫です。

それにしても何だかジ~ンときてしまう感じ。
≪キルト≫って楽しい思い出だの、哀しい思い出だの…ってね。
特に身に着けていた物などで作ったりすると・・・
辛い時こそ何かしていないと……気持ち、すごく伝わってきました。
でも今は良い思い出に変えて!

投稿: く~ちゃん | 2006年10月 7日 (土) 19時29分

く~ちゃんさん、おはようございます。
オザークタイル、ちょっと込み入ったような
パターンですが、ツーパッチなので簡単なのです。
ハギレがたまってきたら、お勧めですよ~♪

こういう時って、自分ではどうしようもないんですよね~、事態が重くて。
とにかく何かしていないと泣いてましたから・・・(^_^;
下を向いて縫っていれば、泣いていても家族に
ばれなかったし。
今は、正面から見れるようになりました、このキルト。

投稿: ぴよ | 2006年10月 8日 (日) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93639/12169099

この記事へのトラックバック一覧です: 10月のキルト:

« 少しだけ秋の雰囲気で | トップページ | やさしく編んで »