« トラプント再び | トップページ | 手にとる布色は »

寄り道

昨日は、小物を仕上げて、夜は
トラプントの綿詰め作業を相変わらず(^-^)

ちょっと調べものをしていて、隣にあった
刺繍の本をつい開いて。

286_2

286b

刺繍の本というか、デザイン集ですが
好きですね、こういうの。

ついつい、どっかりと腰を据えて
見てしまい。

花の刺繍集なので、ああ、これも良いな、あれも・・・
なんて、想像の中では、刺繍のキルトが
出来上がっていたり(^_^;

キルティングの図案にも良いしなぁ・・・
なんて、次々にめくっては楽しんでしまいました。


|

« トラプント再び | トップページ | 手にとる布色は »

「パッチワーク」カテゴリの記事

コメント

こういうデザイン集って、重宝しますよね~
こんなのを、時々開いてみていると…作品作ってる途中に、『ココにアレが合うかも!!』…って思い出したりして…
あの本のこの辺…って、結構覚えてたりするんですよね~
本を見たり…旅をしたり…
手仕事をしていない時間にもヒントはたくさんあって…

投稿: さいちゃん | 2006年8月31日 (木) 09時48分

おはようございます。

キルトや刺繍の本、私も大好きで本棚には並んでいるんです。手仕事しない時でも見ていると楽しいですよね。あっこれいい~とか独り言なんか言ったりして~☆

気にいった本があると、つい買ってしまいます。写真を見ていると、自分が作品を仕上げたような気分になっています。想像力だけはたくましいんです。(^_-)
これから季節がよくなって益々ステキな作品見せていただくのを楽しみにしています。☆§^。^§

投稿: s-mako | 2006年8月31日 (木) 11時10分

おはよ~♪
手芸の本も見だすと止まらなくってね!

見ている時って、想像が膨らんで…あれもこれも…と全て作る気になってしまって…
分るなぁ~~

これから季節も良くなって…ぴよさんなら、どんどん、こなしていくのではないかしら!

素敵な作品いっぱい作って見せて下さいね

投稿: く~ちゃん | 2006年8月31日 (木) 11時48分

こんにちわ

パッチワークは,やり方は,同じですよね,だから、デザインや色使いの本私も好きです。


素敵な作品見せてくださいね。勉強させてくださいね。

投稿: ふくろうおばさん | 2006年8月31日 (木) 14時12分

さいちゃんさん、こんばんは。
モノ作りのヒント、いろいろありますよね。
デザイン集は好きで、ちょっとだけ・・・が
いつもあっという間にずいぶん時間が経っていることも。
やっぱりみなさん、同じですね~。
ちょっとした風景なども、そうですよね♪
なんでもが良い勉強になりますね。

投稿: ぴよ | 2006年8月31日 (木) 18時58分

s-makoさん、こんばんは。
そうそう、こういうデザイン集などは
つい見入ってしまうんですよね。
想像をたくましくするのは、自分の勉強にも役立ちますね~♪
いろんな本やデザイン集を見ては、いろいろと
形作ってみたり、楽しいですよね。

投稿: ぴよ | 2006年8月31日 (木) 19時00分

く~ちゃんさん、こんばんは。
ほんと、デザイン集などは、良い刺激に
なりますね。
ちょっと頭のすみにあるものが、はっきりと
してきたり。

でも、私などの考えることなどは、
たいしたことではないです。
秋~冬に、あちこちで展示会や作品展が
ありますね、そういう場でもいろいろ勉強になるもの。
楽しみな季節もやってきますね~♪

投稿: ぴよ | 2006年8月31日 (木) 19時03分

ふくろうおばさん、こんばんは。
同じパッチワークのパターンを使っても
キルティングや刺繍などをプラスすると
オリジナルなものが作れますね。
こういう図案やデザイン集などを見ると
そういうヒントが隠されてもいるよう。
楽しいですね~。

投稿: ぴよ | 2006年8月31日 (木) 19時05分

はじめまして
ホワイトキルトで検索してこちらへ伺ったものです。
ブログへのコメントを書き込むのは生まれてはじめてなのですが、どうしても教えて頂きたくて・・・。
この画像の花の刺繍集の本の題名など教えて頂けないでしょうか。なんとかこの本を購入したいんです。
どうぞよろしくお願いします。

投稿: イフル | 2009年5月19日 (火) 00時06分

イフルさん、ようこそ!
ホワイトキルト、キルターのあこがれですよね。
何枚作っても、また作りたくなるもの。
この本は数年前にヴォーグの通販で購入したもの。
日本名は『400フローラルモチーフ』となっています。
原題は、『400Floral Motifs for Designers,Needlworers annd Craftpeople 』
全文英語になっています。
出版は、Dover Publications,Inc.

投稿: ぴよ | 2009年5月19日 (火) 07時30分

ぴよさん!
ご返事ありがとうございます。
アマゾンで調べて教えていただいた書籍が見つかりました。早速購入手続きしちゃいました。
本当にありがとうございます。
ぴよさんのホワイトキルトすばらしいです!
パソコンの前で「すごい!素敵!」と叫んでます!
わたしもいつかぴよさんのような作品が作りたいです。
書籍の情報を教えて頂き本当にありがとうございました。

投稿: イフル | 2009年5月20日 (水) 11時52分

イフルさん、こんばんは。
購入出来たようですね、良かったですね!
私はキルティングしている時が至福の時、
無心に針を動かすのが何より楽しくて♪
そういうキルターがきっと多いことでしょう。
私程度の技量の人はそれこそ星の数ほどだと思います。
それでも『素敵!』と言ってくださると、とってもうれしいもの、ありがとうございます。
これからイフルさんもきっと素敵な作品を作られることでしょう、
楽しんで針を動かしてくださいね♪
少しづつ出来上がる作品、心豊かになれますようにconfident

投稿: ぴよ | 2009年5月20日 (水) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93639/11697680

この記事へのトラックバック一覧です: 寄り道:

« トラプント再び | トップページ | 手にとる布色は »