« 和のポーチ、続きです 2 | トップページ | ちょっとキルトはお休みして »

和のポーチ、続きです 3

昨日は、雨、庭の手入れよりも、お針仕事に
向いていた日だったかな~(^-^)

和のポーチ、3つのうち、2つが完成です。

232

う~ん・・・留袖を使った方は、かなりシック・・・シックすぎ!
        (12cm×20cm マチ3cm)

それでも、好みは人それぞれですから、秋に実家に行ったときに
もらってくださる人がいるかなぁ・・・・と、楽観してます。

こちらは、ブルーのもの。
  ↓
232b

232c

こちらは、色がやっぱりシックな留袖ですから・・・
こういう感じに。
 ↓
232d

232e

内側は、マグネットボタンです。
 ↓
232f

今回は、留袖を使いましたが、いろんなハギレで作ったり、
サテン生地などを使うと違うものが出来るだろうなぁ~と。
そちらの方が作るには楽しいだろうな~♪
また気が向いたら、作ってみようかな。

★ 明日からちょっとだけ出かけますので
  コメントのお返事等が遅れることもあります。

|

« 和のポーチ、続きです 2 | トップページ | ちょっとキルトはお休みして »

「パッチワーク」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、ぴよさん。
モダンという言葉がぴったりのポーチですね。
和のようで洋のようで(^^)
とても手をかけてあるんですね。
留め袖は落ち着きがありステキだし、ブルーは
初夏を感じます。
こういうポーチはみんなほしいです。

いつも、ああこういうふうにしてあるんだと
何度も見てしまう作品ばかりで、とても参考になります(*^_^*)

投稿: nako | 2006年5月 8日 (月) 08時20分

おはようございま~っす♪
ポーチ、出来上がったんですねぇ~
細かい心遣いが伝わってきます。
ボタンのところの飾りや、刺繍がオシャレ~
留袖の方は黒でしまっていていいし…
ブルーの方も優しい色でステキじゃないですかぁ…
今度、形見の着物を使える気持ちになったら、参考にさせていただきます♡

投稿: さいちゃん | 2006年5月 8日 (月) 09時01分

すごいなあ・もう出来上がっているんですね・・とっても素敵です。同じ一枚の着物(?)でも使う場所でこんなに変わるんですね・・いいなあ・・いまからまた帯地とにらめっこします。超初心者はすべてが不安・・でもつくってみたい・・でも本当に難しくて・・怖くて・たいへんです

投稿: ゆめ | 2006年5月 8日 (月) 09時59分

こんにちは~。
マグネットボタンを使うという手もありますね。
わたしなんて、ポーチといえば、ファスナー付けと
思ってしまい、あ~面倒、ということがすぐに
頭に浮かんできてだめなんですよ(^^;
ふんわり、可愛いポーチ、柄使いも素敵だから、
きっと気に入ってくれるでしょうね。
着物の生地もこうやって、いろんなものに変化させて
使えてよいですね。

投稿: 葦笛 | 2006年5月 8日 (月) 13時21分

nakoさん、こんにちは。
刺繍をしたり、洋のボタンをつけたりと、
ちょっと不思議な感じもしますよね~(^_^;
なんとなく、その場での感覚で進んでいくので・・・布はどう思ってくれているのかな・・・。
ボタンはくるみボタンにしようか?と考えつつも、手は、もう違うボタンをみつけていたりで。
なんとも気まぐれです。
ブルーのものは、自分の見本としておいておくので、これからもう2つくらい作る予定です。
ほんと、意識はしていなかったけど、初夏カラーですね~。

投稿: ぴよ | 2006年5月 8日 (月) 14時44分

さいちゃんさん、こんにちは。
いえいえ、ずいぶんと、のろのろと作業だったのです、実は。(^_^;
夜に家事がひと段落してから、TV見たり、家族と話ながらやってました。
ボタンは本当は、もっと考えた方が良かったのかも・・・
よく行くお店が休業中なので自宅にあるもので合いそうなものでつけちゃいました。

形見の着物、作っている間にもいろいろな
思い出が出てきますね、それもまた良いものですね。

投稿: ぴよ | 2006年5月 8日 (月) 14時49分

ゆめさん、こんにちは。
和の布の魅力は、同じ着物からでも布の
取りかたでずいぶんと印象が変わることかな?
同じ形のポーチやバッグでも、ずいぶんと違いますよね。

大事な帯地、そうですよね、なかなか手が動かないもの。
私も幼い頃に亡くなった姉の形見の着物に
はさみを入れるまで、何年もじっと見ては仕舞って、
また取り出して・・・を繰り返しました。
作る気持ちはあるものの、なかなか手をだすのを
ためらう気持ちって、わかります。

少しだけ、端の方を使ってみるとか、骨董市などで
お安い着物ハギレや帯ハギレで試してみるのも
いいかもしれません。

投稿: ぴよ | 2006年5月 8日 (月) 14時57分

葦笛さん、こんにちは。
ポーチというと、ファスナーって思いますよね。
今回のこの形でのマグネットボタンは初めてですが、
付けるのも簡単でいいかも。
ファスナーつけが苦手な人にはお勧めです。
(あれが一番面倒ですよね~)
入り口はパイピングの際にゴムを入れて少し
ギャザーが寄っているのです。

着物地で洋服を・・・というのはそんな腕がないので無理ですが、
これくらいの小物なら、気軽に作って、
そして使ってもらえそうです。

投稿: ぴよ | 2006年5月 8日 (月) 15時03分

こんにちわ
お見事
素敵になりましたね。ブルーは、これからでも良いですよね。こんなのプレゼントされる人が羨ましい

投稿: ふくろうおばさん | 2006年5月 8日 (月) 16時08分

ふくろうおばさん、こんばんは。
こんな感じで、どうなんでしょう、
親戚や夫の実家の知り合いの方々は
どういうふうに感じてくれるかなと。

ブルーは、もとが羽織とは思えないですよね、
キモノはマジックですね!
手触りが優しいですよ~♪

投稿: ぴよ | 2006年5月 8日 (月) 19時21分

素敵なポーチが出来上がりましたネ♪
ホントにマジックですね。とっても素敵です(^o^)丿
頂いた方、皆喜んでくれること間違いないです~
今度はお嫁に出す気分になってしまうのでは。。。?

投稿: orenge | 2006年5月 8日 (月) 19時44分

orengeさん、こんばんは。
こんな感じに、出来ました~♪
和の布は、手触りが気持ち良いのです。
洋のものとは、そこがちょっと違う魅力かな。

モノを作ると、そうなんですよね、どうしても
気持ちが入りすぎる時もあるんですよね~(^_^;

投稿: ぴよ | 2006年5月 8日 (月) 20時00分

こんにちは
どちらも素敵ボタンがまたいいわね
マグネットボタン便利なものがでてきたんですね

投稿: korokoro | 2006年5月 9日 (火) 15時50分

ぴよさんこんにちは
和のポーチ出来たんですね~♪
今度のポーチも使いやすそうですね。
秋の法事の時にはきっと皆さんに喜ばれるでしょうね(^^)
日本人のせいか、和布は何故か懐かしく、温もりを感じますが・・
それが思いでの物から作られたのであればなお更でしょうね。
いつも細かいところまで丁寧にアップしてくださるのでとても参考になりますが、
手芸用のマグネットボタンって初めて見ました。
(ショルダーバックなどについているあのボタンですね!!)

投稿: たんぽぽ | 2006年5月10日 (水) 16時46分

ぴよさんはじめまして。
ある人から、とても自然体でキルトしてる方のブログあるから見てみてと紹介されて、実は随分以前から、こっそり覗いていました。
ぴよさんのキルトはうっとりするほどなんだか心が和みます。
きっと、素敵な方だろうなーと思います。
私も亡き母の着物のリホームあれこれと考えているものの、未だに手を付けていません。
何だか着物をほどくって勇気が入りませんか?
思い出の着物といっても、もう着る人もいないんだから何かにして、姉妹達にあげるのもいいかもしれませんね。参考にさせてくださいね。

投稿: りこ | 2006年5月11日 (木) 20時34分

korokoroさん、おはようございます。
くるみボタンを作るか、このボタンにするかで
悩んだのですが、結局お手軽なこちらの方に
しました~(^_^;
今は、いろいろな便利グッズが出てますよねぇ。
このマグネットは、後付で好きな場所に簡単に縫いつけられるので、便利です。

投稿: ぴよ | 2006年5月12日 (金) 09時07分

たんぽぽさん、おはようございます。
今度のポーチは、ファスナーではなく、マグネットなので、仕上げが簡単ですよ~♪

和布、こうやってポーチに仕上げると同じものは2つと出来ませんし、なによりその手触りと懐かしさ。
ふと、バッグからとり出して、懐かしんでもらえたらいいなかぁ・・・と。

手芸用のマグネットは数種類出ているので、少し大きめの手芸店で見ると、自分の好みのものが
見つかりますよ~♪

投稿: ぴよ | 2006年5月12日 (金) 09時11分

りこさん、はじめまして、ようこそ!
いろいろと見てくださっていたようで、
ありがとうございます。

もう、好きなことを好きなようにやっているだけの、
お気楽なパッチワークですので。(^_^;
あまり難しいパターンなどは頭がついていかないので、
楽なものばかりを作るようになってきましたが、
自分が楽しめればいいいかな~?と、そういうペースで進んでいます。
どうぞ、気楽に覗いてくださいね~♪

いろいろと想いのこもった着物・・・ほんとにハサミを入れるのに勇気がいりますよね。
あの時、この時・・・と思い出しては、手が止まってしまうときも。

このポーチは義母の着物、そしてまだ手をつけていない
私の亡き母のものもありますし。
幼くして亡くなった姉の七五三の着物に至っては、
もらい受けてから十数年経ってからやっと
ハサミを入れたし。

思い切りの時は、その人それぞれですね、
気持ちが柔らかくなってからでも良いのでしょうね、きっと。
気持ちが楽になったときに、ここに載せたものが
少しでも参考になれば、うれしいです。
りこさん、またどうぞ遊びに来てくださいね~♪

投稿: ぴよ | 2006年5月12日 (金) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93639/9956593

この記事へのトラックバック一覧です: 和のポーチ、続きです 3:

« 和のポーチ、続きです 2 | トップページ | ちょっとキルトはお休みして »