2006年2月21日 (火)

ケスジャン

これは、じつは消火器。
天井埋め込み式のもの。
 ↓
59

先月、中に入っている消火液の期限が切れたので、
リフォーム工事ついでに交換作業をしてもらいました。
天井裏には、あのカーリングのストーンのような容器が
入っていて、その容器の中に消火液が入っています。
その容器のまま、交換。
10年は消火効力があるらしい・・・

右側がセンサーで、72度を感知すると、左のノズルから
シャワー状にその消火液が出て、火事を消す!というもの。

キッチンの天井につけているけど、幸い火事は出ていないので
その効力は???なんだなぁ~。

しかし、このネーミングは・・・ケスジャン=消すじゃん(?)

わかりやすいけど、なんだか ちょっと微笑んでしまうような
名前・・・。

センサー周りは手を触れてはイケナイのか?と思って
あまり掃除をしていなかったけど、やっても良いですよと
作業の人の弁。
知らなかったよー、これからはもっときれいにしなくちゃ~。

そうそう、これがあるからと、安心して消火器を他に
買っていないけど、やっぱり買ったほうがいいのかな・・・
キッチンに邪魔なものは置きたくないけど。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

防蟻処理工事をしました

この家を建てて10年、もろもろの保証期間が過ぎるので、
先月から、いろんな工事の見積もりやら、発注やら。

今日は、先月に見積もりしてもらった、防蟻処理工事を
しました。
工事・・・とは言っても、2時間足らずで終了し、ほっと。
薬剤の匂いもほとんどなく、
『昔と比べたら、薬剤の進歩はすごいですよ』と。

見積もりの際も、いろいろ説明受けながらだったけど、
今日も説明してくれながら、それでいてささっ!と作業を
開始し、ほぉ~~って、感じで私は見てました。

ツナギを着て、マスクをしてという姿の担当の人が
床下をうごめいている・・・・というのは、ちょっと変な感じ。
床下で、声がしてるのって、声が響きますね。

コンクリートで床下から入っていけないところは、外壁に小さな穴を
ドリルで開け、そこから薬剤注入。
ふぅ~~ん、そうなんだ。
穴はちゃんと塞いでくれたし、外壁工事の際には見えなくなるとか。

ハウスメーカーで建てたので、そこからの業者なので、
じつに丁寧、礼儀正しく、そして手順も良いみたいですね。
見積もりが来るまでは、どのくらい?と思っていたけど、
拍子抜けするくらいのお値段・・・。
確か、昔住んでいた古い家の時は、この2倍くらいは取られたような。
やっぱり業者によって違うのですね。

この10年で、あの黒いゴキちゃんが出現したのは2回。
それも外から飛んできたものだったので、実際、ずいぶんと
薬剤は効いていたらしいです。

見積もり担当の人は、『太ったら床下にもぐれないので
細い体は必須なのです!』と、言ってましたが、
なるほど!と思いました。
今日来た担当の人も、やはり細くてイケ面!(顔は関係ないか)


| | コメント (2) | トラックバック (0)